テーマ:医療

高齢者肺炎球菌ワクチン接種助成へ

新年度新規事業として提案されています。 ただし対象は75歳以上で生涯1回、4000円を助成。原則、市内の指定医療機関で予防接種を受け、助成額を除いた費用を支払うシステムです。 予算額は、854万円。 今、噂の東京マガジンで、埼玉の小児医療センター問題をやってますよ。

続きを読むread more

全世代で保険料増加

厚労省が、医療「新制度」で試算。 70歳から74歳の窓口負担が2割に倍増するだけでなく、保険料も増加・・・ とんでもない「新制度」が検討されています。 アンテナ高く、運動を広げましょう。

続きを読むread more

「65歳以上 国保加入」案

高齢者医療制度の見直し案が発表されました。 65歳以上の医療費の17%を高齢者の保険料でまかなうというもので、現役世代と別建ての国保であり、保険料の値上げは避けられません。 国保を都道府県単位の広域連合で運営することが前提とされています。 拙速な新制度移行を論ずるよりも、後期高齢者医療制度の廃止を急ぐべきではないでしょ…

続きを読むread more

後期高齢者に短期保険証を発行

午前は高州東町地域の会議。午後は、市社会保障推進協議会の総会。 後期高齢者医療の保険料を滞納した三郷の被保険者2名に、短期保険証が発行されていたことが報告されました。県内で15名程度とのこと。 国保もそうですが、短期保険証や保険証の取り上げ(資格証明書発行)をやめさせる運動を広げることが必要ですね。

続きを読むread more

「外来」は専門用語?

さきの市議選で、子ども医療費の問題が争点のひとつになりました。 日本共産党は、通院分も中3まで無料にすることを訴えました。 わたしが、演説の中で、「外来の窓口払い」「外来通院分」などの用語を使用していたら、 「外来」という言葉は専門用語であり、演説には不適、使用をやめよとのアドバイスを受けました。 わたし的には、「にゅー…

続きを読むread more

今度は、国保と一体化

舛添大臣が、また後期高齢者医療制度で発言。 今度は、国保と一体化させ、広域連合を単位にしたいとのこと。 「75歳も赤ちゃんもいっしょなら、うばすて山でない」との論法。 今度は、公明党さんに相談したんだろうか。 また、しばらくは話題を提供しそうですね。

続きを読むread more

母命日

きょうは議会最終日です。 きのうの演説は、雨とのたたかいでした。 汚染米、後期医療、三郷市政・・・訴える中身ももりだくさん。 わたしの母(1932年生まれ)も生きていれば、後期高齢者です。 どんなおばあさんになっていたか、想像つきません。 29年前のきょう、わたしたちは別れたきりです。

続きを読むread more

秋ナスは・・・

わたしが議会に追われている間に、ベランダでは、秋バージョンのナスがすくすく。 ナスをささえている棒は、古くなったのぼり旗用のもの。 「秋茄子は誰に食わすな」だったかしら。 今晩も会議。 舛添大臣も相当追い込まれているようだ。

続きを読むread more

今晩の「ドキュメント日本の現場」

今晩のテレビも注目を。 午後10時25分のNHK番組に登場する2人の内科医師。 おふたりとも、みさと健和病院で研修された方々です。 ちょうど、わたしが内科病棟の担当のころ。 おふたりは、鷹野と戸が崎にお住まいでした。 どうすれば、患者さんに最善の治療を提供できるか。地域医療がどうあるべきか。外国人患者さんへの対応・…

続きを読むread more

無保険の子ども 三郷に17人も

先日の本会議における、わたくしの質疑への答弁によりますと・・・ 資格証明書が発行されている世帯のこどもが市内に17人(中学生4人、小学生8人、乳幼児5人)いるとのことでした。 彼らはどんな思いで生活しているでしょうか。発行をやめ、保険証をわたすべきです。 このことが、全国で大きな社会問題となり、厚生労働省はきのう現在の無保…

続きを読むread more

三郷だよ、お父っつぁん。

父が松戸の花火を見て、さきほど無事に帰りました。 「来年は土手で見よう」とのこと。どうやら来年も一人で来るつもりらしい。 行きは千代田線。帰りは、「つくばエクスプレス」で。中央駅を見るや、「この周りは何もなかったんだろうなあ」・・・ 忙しい一日でした。 午前は、会議と集金。 午後は、映画「シッコ」。ゲバラの娘も登場する…

続きを読むread more

一本足の鳩

都県境は、まぶしいひざし。暑くなりそうな朝。 鳩がぴょんぴょん跳ねながら、人なつこく近づいてくる。 片足がなかった。 着地のたび、不安定にからだが揺れる。 誰かにいたずらされたのだろうか。 「平和の象徴」の痛ましい姿。不自由だろうけど、生き抜いてくれ。 議会最終日。夕方は、三郷市社会保障推進協議会が高齢者医療…

続きを読むread more

高州訪問看護ステーションを廃止

きょうは健和会の評議員会に出席しました。 昨年4月から看護師体制難で休止していた高州訪問看護ステーションを廃止することになり、全会一致で承認されました。残念ですが、どうにもなりません。 全国で、医療・介護の人員不足は深刻です。 国民の生命を守るスタッフが慢性的に不足し、燃え尽きかねません。 背景には…

続きを読むread more

療養病床 削減を断念

きのうの毎日新聞夕刊1面トップ。 「厚労省 方針転換 療養病床削減を断念 25万床維持必要」 長期入院する慢性疾患の高齢者向けの入院ベッドを2011年度までに4割減らす計画について、厚労省は削減を断念したようです。 わたしは、3月議会でこの問題を取り上げ、地域病院のベッドを守るよう市長に求めました。 いま、地域の声が、確…

続きを読むread more

署名をお願いします

午前は、作業所のバザーで掘り出し物を買ったあと、健和病院の玄関前署名をお手伝いしました。 介護報酬引き上げ・後期高齢者医療制度撤回・医師と看護師の増員・・・3種の署名ですから、協力者も大変ですが、こころよく応じていただけました。 天候のせいか、患者さんは少なめにもかかわ…

続きを読むread more

国保も混乱

今朝の都県境宣伝。声に出して挨拶してくださる方が増えたかんじ。うれしいなあ。 新年度だから?わたくし的には、ありがたい限りです。今後もよろしくお願いします。 午前中、国保の学習会。後期高齢者医療制度の導入で、国保もいろいろ変わるんです。 保険税の年金からの天引きも始まってますし、問題山積み。 ところで、きのうの毎日新…

続きを読むread more

鳥インフルエンザの不安

十和田湖だけでなく、北海道でも、すでに2ヶ所で白鳥が感染していた。 媒体が白鳥ということは、北半球で感染が広がっているのでしょうか。 今後の調査結果が注目されるところです。 そして最大の不安は、新型インフルエンザの発生。 わたしは、3月議会で、プレパンデミックワクチンの確保について質問しました。 想像したくないことです…

続きを読むread more

「うば捨て山」とどこが違うのか

NHK「徹底論戦 是か非か? 後期高齢者医療制度」 出席議員は医者が多い。 いつもの日曜討論と比べ、激しい論戦に感じられました。 野党が「うば捨て山」と批判すると、与党は「不適切な表現だ。撤回せよ。」 医療を年齢で差別するうえ、高い本人負担を求める・・・このやり方こそ、現代のうば捨て山ではないのか。 与党は「高齢者の特性…

続きを読むread more

憲法記念日の流し宣伝 / 手作りギョーザに挑戦

なかなか雨があがらず、見切り発車で出発。 自前の録音テープで、鷹野・高州・東町を流しました。テープの後半は、後期高齢者医療制度。 反応に気分よくひと仕事終えて、昼食。なんと手作りのギョーザです。 午前中、強力粉で皮をこしらえ(はじめての体験。苦労しました)、野菜たっぷりのギョーザをつくったのです。 見た目はブサイクですが…

続きを読むread more

「生活保護に後発品」  通知改めへ

今朝の毎日新聞2面 28日の参議院決算委員会で、厚労相は「強制的措置ではない。改めさせる」と答弁したそうな。 とにかく、連日、この問題で、わたしのブログにアクセスが殺到しています。 治療薬を決定するのは、医師と患者であり、行政の越権は許されません。 なお4月1日の通知は以下のとおりです。(シグマネットより) 平成20年…

続きを読むread more

「手ぬぐい王子」の復活

先週金曜朝の都県境。 冬季は毎週「正ちゃん帽」でご出勤だった男性が、久しぶりに手ぬぐいを頭に巻きつけ、さっそうと自転車で通過していきました。 ・・・春になったことを実感しました。 4月とはいえ、今年は雨が多くて、朝の気温も低いことが多かったですね。 そうそう、高齢者のお宅に「健診費用を無料にします」通知が、市役所から…

続きを読むread more

厚労省通知に批判広がる

今朝の毎日1面トップ「生活保護患者は安価薬」 先日のわたしのブログに、アクセスが殺到していたので、この問題に関心が高まっていることを実感していました。 毎日の記事 通知は4月1日付。 福祉事務所が・・・後発薬を使うよう周知徹底するとしている。 さらに、先発薬を使い続けている受給者の診療報酬明細書をチェックし、正当な理由がな…

続きを読むread more

わたしも「白衣のスター」だった?!

北千住で、「白衣のスターたち」出版を祝う会がありました。 病院祭の「水戸黄門」でおなじみの職員劇団の歴史をつづった本です。 わたしも登場します。ぜひ、ご購入ください。1冊1905円+税です。著者:嶺岸氏とわたし 吉田万三さんも祝辞。 ひさしぶりにお会いした職員(元職員を含む)の皆さんは、あいかわらずパワー全開。 こ…

続きを読むread more

生活保護に後発品

今朝の都県境宣伝は、雨のため中止します。情勢が激動しているときだけに残念です。 つぎのようなメール(グループ送信)を受け取りました。 大阪府保険医協会の方からです。 昨晩の関西テレビ「ニュースアンカー」で報道されましたが、 厚生労働省が全国の福祉事務所に対し、「生活保護受給者には価格の安い後発医薬品 を使わせる」よう指…

続きを読むread more

県内8市町が誤徴収

今朝の埼玉新聞 県広域連合によると、誤徴収は、越谷、八潮などでも発生。 新保険証未着は、1769人。 写真は、ゆうべの三郷駅前の宣伝。市社会保障協議会などが実施。 こころよく署名に応じてくれます。

続きを読むread more

天引きで三郷市が誤徴収

今朝の毎日新聞 県内で、三郷、草加、志木、鷲宮が、データ入力ミスにより、後期高齢者保険料を、計60人から余分に天引きするそうです。 ミスに気がついたときには、修正が間に合わず、7月分で調整するとのこと。 保険証が届かない問題に続き、また混乱。 やっぱりこの制度は、やめておいたほうがいい。 医師会も問題点を指摘してい…

続きを読むread more

厚生労働省も隠蔽か

きのうの後期高齢者医療制度説明会で気になることがありました。 給付内容について、市職員は、「マスコミなどが、かかりつけ医が決められることなどについて、ひどい制度とヒステリックにいっているようですが、そのようなことはありません」 と述べた。 わたしが、複数受診が制限されることなどを指摘すると、「まだ、自分たちには明らかにされてい…

続きを読むread more

市主催 後期高齢者医療制度説明会

日曜にもかかわらず、鷹野文化センターで、職員による説明会。 突風にも負けない住民9人が出席。 保険料を中心に、質問が続きました。 75歳以上の社会保険本人のケースは混乱しそう。 残された扶養家族がどうなるのか、保険ごとに対応が異なるようですよ。 今から問い合わせておいたほうがいいかも。

続きを読むread more

みさと健和病院 新病院建設

1月31日 埼玉新聞1面で報道があったように、健和病院の増床計画が承認されました。 がん患者の痛みを和らげる専門的な処置を行う「緩和ケア病床」20床と、救急6床が増床されます。 今月、新病院の地鎮祭が予定されています。 地域医療の新しい時代を担う拠点施設の建設です。 これまで、健和会が独自に培ってきた研究成果が実践される…

続きを読むread more

小規模多機能「馬渡さん家」

午後は、友の会鷹野ブロック。 資料が足りなくなるほどの参加者。関心の高さを実感。 テーマは2つ。小規模多機能施設「馬渡さん家」の4月開設と、健和病院の新病院計画。 わたしの初当選のころ、馬渡さんが「身近なところで、住民の手作りのデイサービスを実現させたい」と熱っぽく語っていらっしゃった。 馬渡さんが故郷に戻られたあと…

続きを読むread more