テーマ:虐待

虐待問題で母親が被害届け出

心配なニュースです。↓NHKオンラインニュースより。 知的障害がある子どもたちが通う埼玉県内の特別支援学校で教師が複数の児童に虐待と見られる行為を繰り返していたとされる問題で、児童の保護者の1人が肉体的・精神的な被害を受けたなどとして、22日、警察に被害を届け出ました。教師は取材に対し「事実無根の部分があるが、今は話すことはな…

続きを読むread more

「おじさん、お金もってない?」

日テレ「バンキシャ」・・・蕨の虐待事件。 なんと、日テレは、2004年に公園で生活するこの一家を取材していた! 「しつけ」と称して、父親に蹴られ、たたかれる幼児(死亡した児童の兄:当時4歳)の様子、 はだしで空腹の幼児が、記者にカネをねだる映像・・・終戦直後の上野公園か? 記者がこの映像を上田知事にみせて、その後、生活保…

続きを読むread more

こころよ、では、行っておいで

埼玉新聞2面「国会短信」 他党議員が、昨年の三郷の男児虐待死事件について質疑。 参考人の答弁「関係機関の情報共有化が不十分。リスクの評価についての不十分な予想。受容的かかわりから介入的アプローチへの切り替え時期を逸したとの問題点が指摘され、要保護児童対策地域協議会の活性化などが提言された」 わたしは、この事件が発生する以前…

続きを読むread more

懲役6年

さいたま地裁が、三郷の2歳児放置死事件で、求刑8年に対し懲役6年を言い渡した。 いっしょに放置されていた6歳の長男は、「ママからきちんと面倒をみろと言われたのに、僕がお菓子を食べさせなかった。本当に僕が全部悪い。ママは悪くない。ママに会いたい」と、母をかばっているそうだ。 彼は、どんな目にあっても、やっぱりママが好きなのだ。…

続きを読むread more

今度は、新生児置き去り

午後9時半のテレ玉ニュース きょう午後3時過ぎ、三郷市栄の国道298号側道に、生後2~3日の男児が置き去りにされていた。 わたしは、声を大にして言いたい。 三郷は、子捨て山ではありません。 もちろん、赤ちゃんポストでもありません。 お母さん、10ヶ月あなたのおなかで過ごしたお子さんを捨てる前に、あなたが今、…

続きを読むread more

今朝も元気に

ゆうべは9時すぎまで会議。 今朝は中央駅で宣伝。心配したほどの雨にはならなかった。 湿度が高いけど、ゴーヤパワーで、元気に乗り切ろう。 午前は議員団会議。 午後は、教育委員会を傍聴する予定。 夜はどうなるかなぁ。なんだか一日があっというまに終わりそう。 三郷の2歳児放置死事件で、懲役8年が求刑された。 判決…

続きを読むread more

三郷・2歳児放置死事件 「危険性を過小評価」

埼玉新聞1面トップ記事 県の検証委員会が初の報告をまとめた。 「祖母と同居していること、経済的に豊かなどの面に引きずられ危険性を過小評価。母親の話にもうそがあったことなどから、介入的なアプローチに切り替えるべきだった」 今後、市などの関係者による「要保護児童対策地域協議会」の活性化や、虐待察知能力の向上が求められている。 …

続きを読むread more

1週間前に死亡していた

今朝の埼玉新聞 司法解剖の結果、2歳児は発見1週間前に死亡していた。 きのう、市の児童福祉課に聞いた話では、児相の職員とともに市の職員も訪問していたが、住民票は別の家になっており、留守だったとのこと。夜間も訪問したが、電気はついていなかった。 警察と連携がうまくいっていたら、このような結果にはならなかったのでは・・・ …

続きを読むread more

虐待通報 生かせず

毎日新聞朝刊社会面 三郷の2歳児放置死事件。 児童相談所と警察の連携がなかったことを指摘。 児相は、昨年10月に病院から連絡を受け、訪問5回、電話7回。しかし、容疑者が訪問を受け入れず。 警察は、近隣住民から複数の通報を受け、巡回。チラシ配布で情報提供を求めたが、容疑者宅の特定に失敗。 両者の情報がうまく共有さ…

続きを読むread more

市内で置き去りされた2歳児が死亡

毎日新聞夕刊 市内で29歳の母親が3人のわが子を10日間置き去り、一人死亡。一人は衰弱。 今日逮捕された母親は、育児ノイローゼと供述しているらしい。 密室の中で幼い子どもが命を失っている。どうやったら彼らを守ることができるのだろう・・・ 困難な課題ですが、防止策を求めていきたい。 午前中、NHKで放送された「沖縄遺骨収…

続きを読むread more

請願は明日正午締め切りです

午前は団会議。もう明日は、請願の受付締切日です。議会は目前。 午後は、文化会館小ホールで子育て講演会に苗村団長と参加しました。笑福亭松枝師匠による「子どもの人権と地域の役割」 あれだけ長い時間話しつづけることができるんだから、やっぱりプロはすごい。 仕事が思うようにいかなかったころの子育ての話が印象的でした。 写真は撮影禁止…

続きを読むread more