テーマ:原発

デモは中止だそうです

あさって、日比谷公園で予定されていた反原発デモは中止になり、抗議行動のみになるとの発表がありました。 ↓団体のプレスリリースより。 「11.11反原発1000000人大占拠」での日比谷公園使用に係る裁判結果について 11月2日の東京地方裁判所の申し立て棄却をうけ東京高等裁判所への抗告をしておりましたが、本日棄却となりました。こ…

続きを読むread more

ようやく通学路の除染も

三郷でも、通学路の除染が実施予定になりました。 ↓市HPより。 通学路の放射線量低減化作業の実施のお知らせ 三郷市除染実施計画に基づき、通学路の放射線量低減化作業を実施することとなりましたので、お知らせいたします。 1.除染対象  学校の周囲及び児童・生徒が集中する学校の中心から300m以内の主な通学路…

続きを読むread more

鹿を食べないでください

秩父の鹿から、基準の8倍を超えるセシウムが・・・。 三郷に鹿がいないのが幸いというべきでしょうか。市内で最近増えているのはハクビシンですが、これを食べる人はいないし。 ↓埼玉新聞 10月23日(火)23時21分配信 秩父で捕獲されたシカ肉から800ベクレル超のセシウム検出 県下全域で出荷自粛要請  県は23…

続きを読むread more

秋の味覚 その2

市内農産物のセシウム検査の結果です。 ↓市HPより。 10月2日(火)から10月4日(木)測定分                検体の種類    栽培状況   放射性セシウム134・137 (Bq/kg)          みかん       露地 …

続きを読むread more

僅差で

東部南地区5市1町の党議員研修会。 なんと、吉川市議会では、賛成10、反対9で、「大飯原発の再稼働中止を求める意見書」が採択されたそうです。

続きを読むread more

原子力規制委 「赤旗」の会見参加認める

世論の力で、「排除」を撤回させました。ご支援ありがとうございました。 ↓日刊紙より。  原子力規制委員会が記者会見から「しんぶん赤旗」を「特定の主義主張」や政党機関紙であることを理由に排除していた問題で、同委員会の実務を担当する原子力規制庁は2日、排除方針を撤回し本紙の会見参加を認めると発表しました。   同庁の…

続きを読むread more

もっとも身近な自治体への信頼

NHK「ヨウ素剤服用を指示した三春町の決断」・・・涙なしには見られませんでした。すべての公務員に見ていただきたい。 1号機の爆発直後に、おおぜいの避難民を受け入れた三春町では、避難民からヨウ素剤について質問を受け、はじめてヨウ素剤の存在を知り、県から取り寄せます。 連日、爆発が相次ぐ中で、町が独自に、住民にヨウ素剤を配布し、…

続きを読むread more

「即時原発ゼロ」の実現を――日本共産党の提言

本日、藤村官房長官に申し入れたそうです。   「原発ゼロ」の日本を願う国民の世論と運動が大きく広がっています。政府・民主党も、「過半の国民は原発に依存しない社会の実現を望んでいる」(エネルギー政策についての政府の「検証会合」)と認めざるを得なくなりました。  しかし、財界など原発を推進してきた勢力は、「原発ゼロ」を望む国民世論…

続きを読むread more

ひどい話

鉛で遮蔽するなんて・・・。 ↓NHKオンラインニュースより。 被ばく線量偽装疑い 立ち入り調査 7月21日 12時48分 東京電力・福島第一原子力発電所の事故の収束作業で、工事を請け負った会社の役員が、作業員に対して線量計に放射線を通しにくい鉛のカバーをして被ばく線量を少なく装うよう指示していたことが分かりました。 …

続きを読むread more

灼熱のバス停

今朝のバス停では、「原発なくせ 17万人」の赤旗を持って・・・。 通行する大型トラックからも、クラクションで激励がありました。 バス待ちの女性通勤客は、風通しが良い服装など、それぞれ工夫されています。 演説を「お出かけの際は、熱中症にご注意ください」で締めくくりました。 きょうは、地域新聞…

続きを読むread more

「今までのデモ」

毎週金曜のデモは、「今までのデモ」と違うと注目されているそうです。 政党や団体が動員したデモと異なり、ネット活用による自主的な行動であり、各世代に急速に広がりを見せ、影響が大きいとのことです。 大変、心強く、喜ばしい話ですが、正直、複雑な気持ちも否定できません。 「今までのデモ」や集会って、そんなに無…

続きを読むread more

幸せはどこに?

その後も、四つ葉は、窓際で増え続けています。 今朝の演説は、消費税、原発・・・盛りだくさん。台風への注意も呼びかけました。 市は、除染計画を発表しましたが、みさと公園はいつになるでしょう・・・。県に急ぐよう、催促を。 ↓先日の赤旗記事。 東…

続きを読むread more

牛久市が子供の被ばく検査へ

三郷でも早く実現させたいものです。↓NHKオンラインニュースより。 東京電力・福島第一原発事故を受けて、牛久市は来月から市内の4歳から中学3年生までの希望者を対象に、内部被ばくの検査を始めることにしています。 牛久市は原発事故のあと、県内でも放射線量が比較的高く、学校などで除染作業が進められています。しかし依然として子ども…

続きを読むread more

封印しないまま、三郷インターを通過したのかも?

東海村→柏崎刈羽ということは、・・・危険な状態のまま、核燃料が三郷を通過していたのでしょうか? ↓TBSニュースより。 新潟県の柏崎刈羽原発に燃料を輸送する際に使われた容器の外側に、法律で義務付けられた封印がされていなかったことがわかりました。  東京電力によりますと、封印がされていなかったのは、先月30日、茨城県東海…

続きを読むread more

志位氏 “原発の運転再開は無謀”

↓NHKオンラインニュースより。 5月31日 15時44分 共産党の志位委員長は記者会見で、関西電力大飯原子力発電所の運転再開に向けた政府の対応について「原発事故の原因究明がされておらず、運転を再開するのは無謀極まりなく、道理のかけらもない」と述べ、批判しました。 関西電力大飯原子力発電所を巡って、政府は、福井県など立…

続きを読むread more

おおい町議会 原発運転再開に同意

おやおや・・・。 ↓NHKオンラインニュースより。 関西電力大飯原子力発電所について、地元・福井県おおい町の議会は、14日、全員協議会を開いて、運転再開に同意することを決め、午後、時岡忍町長に伝えることになりました。 関西電力大飯原発の3号機と4号機の運転再開の是非を巡って、町議会は14日朝から全員協議会を開き、最終的な意…

続きを読むread more

ゼロの朝に

午前4時に、泊3号炉に完全に制御棒がはいったそうです。 日本の原発が全停止したこと・・・世界中の人々とともに、この意味を熟考し、今後の方向性を見出していきたいと思います。 過ちをくりかえさず、未来への希望をつなぐために。

続きを読むread more

除染 「覆土」も補助対象に

本当に頭が痛い問題ですね。 ↓NHKオンラインニュースより。 原発事故で拡散した放射性物質を取り除く「除染」を巡って、多くの自治体が汚染された土の保管場所を確保できないことから、国は新たに、汚染された土を取り除かずに上から土をかぶせる「覆土」と呼ばれる方法も補助の対象に加えました。 自治体が行う除染で、国は、汚染さ…

続きを読むread more

志位委員長  原発で政府対応を批判

わが党は、政府に「期限を区切って、原発ゼロのプログラムをつくるよう」求めています。 ↓NHKオンラインニュースより。 共産党の志位委員長は記者会見で、福井県にある関西電力大飯原子力発電所の運転再開を巡る政府の対応について、「すべての原発の運転が停止する来月までに何とか再稼働させようという、よこしまな政治判断が働いている」…

続きを読むread more

欠礼のハガキ

福島出身の方から、通常の郵便ハガキが届きました。 「毎年、平和で災害のない年になることを祈る思いを年賀状に記してきたのに、災害と原発事故が発生し、賀詞を記すことが心苦しいので、今年は失礼します。お許しください」との意味が、ていねいに書かれています。 「収束」から、ほど遠い原発の状況を考えますと、まだまだ、多くの困難が予想され…

続きを読むread more

懸念が的中

毎日新聞に、吉井英勝議員が登場。 「回顧 震災と政治家シリーズ⑥」・・・津波による原発事故を警告し続けた共産議員  スマトラ沖地震を機に、津波や地震による全電源喪失の可能性を警告してきたが、当時の政府は「想定外」として、私の質問をすべてスルーし、不幸なことに結果として私の懸念が的中してしまった。 東埼玉のページでは、 …

続きを読むread more

太陽光発電等 三郷市住宅用省エネ設備導入促進事業補助金の活用を

市HPのコピーを、掲載しておきます。・・・自然エネルギーの活用で原発ゼロの日本をつくりましょう!希望が予算を上回ったそうで、補正予算で増額されまし.た。わたしは、使いやすい制度に改善するよう指摘しています。 【制度概要】 市では、地球温暖化問題の対策として、市内の個人住宅(新築・既存)の所有者が2つ以上の省エネ設備を導入…

続きを読むread more

柏“広範囲で汚染の可能性”

NHKオンラインニュースより。・・・三郷は、大丈夫でしょうか? 千葉県柏市の空き地で高い放射線量が測定された問題で除染に向けた支援に乗り出した環境省は、予想より広い範囲で土が汚染されている可能性があるとする中間報告をまとめさらに周辺の土を分析して除染が必要な範囲を特定することにしています。 柏市根戸の空き地では、先月21日…

続きを読むread more

福島・広野町に減容装置-がれき・有機性廃棄物を熱分解

①日刊工業新聞ビジネスラインより。②NHKオンラインニュースより。・・・がれきや放射性物質の処理に多くの自治体が頭を悩ませていますね。科学の英知を結集し、最善の方法が追及されることを願っています。・・・広野町のみなさんは、その後、いかがお過ごしでしょうか。 ①オーデン(東京都江東区)は、福島県広野町のがれき仮置き場に…

続きを読むread more

企業の論理と科学の目

TBS「報道特集」。 「茶のしずく」の加水分解小麦アレルギー問題への企業の対応と、福島原発問題。 どちらも、今、日本で起きていることの原因がどこにあるかを浮き彫りにする秀逸なレポートでした。 厚労省の通知後も、速やかな製品回収に踏み切らなかった企業の論理が、被害を拡大した事実。 福一原発では、炉心設計技術者として働い…

続きを読むread more

プロメテウス

見知らぬ男性2人が、バスの中で、原発について会話しているのを聞いていたら、「プロメテウス」が出てきました。 朝日新聞が連載していたんですね。 写真は、20代で途中まで読んで挫折したままの全集です。

続きを読むread more

確率論と安全哲学

2011年を日本で生活したひとりとして考えることです。 確率が低いからと、想定外にしてはならないこと。 つまり、科学的に「安全」を実証できない限りは、もしもの場合の備えを怠らないことです。 この教訓を身を持って実感した私たちは、最善を追及する努力を継続し、それを忘れずに伝えていく使命を担っているのではないでしょうか。 …

続きを読むread more