テーマ:原発

原発被害救済で弁護団結成

NHKオンラインニュースより。 東京電力・福島第一原子力発電所の事故で埼玉県内で避難生活を送る人などを法的に支援する弁護団が29日、結成されました。 埼玉県内には福島県双葉町の人など原発事故を受けて避難生活を送る人たちが多く、埼玉弁護士会によりますと、仕事や住宅の補償などの問い合わせが相次いでいるということです。 こ…

続きを読むread more

横浜市立の学校に放射線測定器

NHKオンラインニュースより。・・・2学期が始まります。 横浜市教育委員会は、保護者などから放射線量への不安の声が上がっていることを受けて、小学校から高校まで、市立の学校すべてに放射線の測定器を配備することを決めました。 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、横浜市は6月以降、市立の小中学校や特別支援学校などでグラウン…

続きを読むread more

ゆうべの花火、きれいでしたね

午前中は、高州東町支部としんぶん赤旗のおすすめ行動。 高州の女性を訪問しました。 福島から親戚が最近まで避難されていたそうです。仮設住宅の完成が遅いとおっしゃっていました。 午後は、女性団体の会議と、定例のスーパー前宣伝の予定。 日曜日はあっという間に終わります。

続きを読むread more

反核の「老舗」対談?

今朝の毎日11面「ザ・特集」。 志位委員長と社民党福島党首との対談より引用。 志位「私たちは核エネルギーの平和利用の将来にわたる可能性、その基礎研究までは否定しない。将来、2、3世紀後、新しい知見が出るかもしれない。その可能性までふさいでしまうのはいかがとの考えなんです。」 福島「共産党は極めて安全な原発なら推進しても…

続きを読むread more

汗をぬぐいつつ訴え、被ばく者の声に落涙す

朝の鎌倉バス停。非核平和を訴えました。 県道が渋滞しており、車中からも手が振られました。 世代をこえて放射能に苦悩する日々から、この国を解放するために、草の根からの運動を強めなければなりません。 さきほどから、長崎の式典が中継されています。 オープニングは、雨の中でしたが、式典が進行するあいだに晴…

続きを読むread more

“原子力安全庁 役割限定的に”

NHKオンラインニュースより。 8月8日 4時40分 共産党は、政府が設置を検討している「原子力安全庁」について“原発ゼロの日本”の実現を目的にした組織にすべきだとして、原発を停止させるまでの間、安全対策を行うことなどに役割を限定するよう求める見解をまとめました。 見解では、原子力安全庁について「原子力発電の推進機…

続きを読むread more

放射線量の安全基準値の設定を求め、国に緊急要望

流山市HPによりますと・・・。 流山市長らが内閣総理大臣等に要望書提出  6月29日、東葛6市は、国に対して「福島県以外の学校・幼稚園・保育所等における放射線量の安全基準値を早急に策定し公表すること」、「安全基準値を超えた場合の対応策を示すとともに,その対策に要した費用については,国が全額負担すること」を求め、要望書を提出しまし…

続きを読むread more

県 土壌の放射線量を測定へ

テレ玉ニュースより。 ------------------------------------------------------------------------------- 上田知事は、来月から始める大気中の放射線量の測定結果を踏まえ、学校などの土壌中の放射線量についても測定する考えを初めて示しました。上田知事は、「…

続きを読むread more

7月2日は、明治公園へ

原発ゼロをめざす7.2緊急行動に、みなさん、おそろいでお出かけください。 あっ。NHKテレビが、「猛暑関連情報」を、字幕で流しています。寄居は、39.2度とか・・・。 熱中症にご注意を。節電もほどほどに。 落雷・突風も、…

続きを読むread more

校庭表土除去 福島以外も負担  文科省

NHKオンラインニュースより。 6月23日 5時0分 東京電力福島第一原子力発電所の事故で、一定の放射線量を超えた学校の校庭の土を取り除く費用について、文部科学省は、費用を負担する対象を福島県以外の学校にも広げることを決めました。 福島第一原発の事故で、子どもたちが受ける放射線の被ばく量を減らすため、文部科学省は…

続きを読むread more

放射線限度量で独自基準 埼玉県川口市

NHKオンラインニュースより。 埼玉県川口市は、子どもたちが受ける空気中の放射線の限度量について独自に基準を設け、これを超える放射線が測定された場合は、屋外での子どもたちの活動を制限することを決めました。 これは、川口市の岡村幸四郎市長が、20日、記者会見して明らかにしました。 それによりますと、川口市では子どもの被…

続きを読むread more

エアコンを無償提供 越谷市

NHKオンラインニュースより。 越谷市などは東京電力福島第一原子力発電所の事故などで避難生活を送る人たちにエアコンを無償で提供することを決めました。 越谷市では、福島第一原発の事故を受けて福島県内から避難してきた人など86世帯およそ230人が公営住宅やアパートなどで暮らしています。こうした人たちを支援しようと越谷市と地元の社…

続きを読むread more

6月 17日(金)のおすすめ

母親たちに広がる放射線への不安  首都圏ネット (NHKオンラインニュースより) 震災から3ヶ月が経ちましたが、東京電力福島第一発電所の事故は未だ収束のめどがたたず、首都圏でも放射線への不安が続いています。 なかでも、子どもを持つ母親たちの不安は大きく、公園など身近な生活空間での放射線量について、自分たちで調べたり、…

続きを読むread more

都 100か所で放射線量計測

NHKオンラインニュースより。 首都圏の各地で、自治体や市民が独自に放射線量を測る動きが広がる中、東京都は、今月中に都内全域の100か所で放射線量を計測して公表することになり、10日、市区町村に説明しました。 東京都庁で開かれた説明会には、都内の市区町村の担当者が集まりました。 東京都は原発事故の後、新宿区の1か所で…

続きを読むread more

伊達市 全小中学生に線量計

NHKオンラインニュースより。 6月9日 19時12分 原発事故の影響で、一部の地域で計画的避難区域の目安となる放射線量を超えた福島県伊達市は、市内の小、中学校や保育所や幼稚園に通うおよそ8000人全員に線量計を配ることを決めました。 これは、伊達市の仁志田昇司市長が、9日、記者会見で明らかにしました。それによりますと…

続きを読むread more

“全電源喪失”で指針見直し

NHKオンラインニュースより。 6月5日 19時5分 東京電力福島第一原子力発電所の事故は、すべての電源を失ったことで事故が深刻化しましたが、原発の安全対策を示した国の指針では「長期間にわたる全電源喪失を考慮する必要はない」と記述されています。この指針を所管する原子力安全委員会の班目春樹委員長は、NHKの取材に対して、震…

続きを読むread more

“避難先で行政サービスを”

NHKオンラインニュースより。 6月4日 17時47分 片山総務大臣は、東京電力福島第一原子力発電所の事故で避難を余儀なくされている自治体の市町村長らと会談し、避難している人が住民票を移さなくても避難先の自治体で医療や教育などのサービスが受けられるよう、必要な法整備を急ぎたいという考えを示しました。 片山総務大臣は4日…

続きを読むread more

三郷付近は、風の通り道だった

「三郷はホットスポット?」の質問への野口先生の回答。 福島原発から三郷付近や東京東部を通過して、放射性物質が神奈川方面に流れたのではということでした。 でも、いわゆるホットスポットとは違うということでした。地形の影響も大きいとのこと。 水素爆発直後に飛散したヨウ素は、すでに千分の一に減少し、空気中のセシウムも現状では心配な…

続きを読むread more

原発事故の学習会

本日午後2時より、鷹野文化センターで学習会があるそうです。 講師は、テレビでおなじみの野口邦和先生 (日大講師)。 参加費無料です。

続きを読むread more

放射線量測定 草加市の場合

草加市HPより。 簡易測定器により、大気中の放射線量を測定する準備を進めている(8月下旬頃に納品予定) 市民生活部環境課 (電話048-922-1520) 小・中学校のグラウンドの放射線量を測定するため、放射線量測定器を購入し、6月上旬に簡易測定を実施予定 教育総務部学校施設・給食課 (電話048-922-26…

続きを読むread more

子育てに不安あり?

ベランダになにか落ちてきました。 このごろ、鳩のカップルがエアコンの室外機の上に滞在しているのですが、卵を落としたようです。 放射性物質汚染の恐怖から、子育てを放棄したか?

続きを読むread more

都 地表の放射線量測定検討へ

NHKオンラインニュースより。 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、東京都が大気中の放射線量を測定している装置が地上から18メートルの高さにあり、人の体への影響を調べるには不十分だという指摘が寄せられていることから、東京都は新たに地表の近くでも測定する態勢づくりを検討することになりました。 大気中の放射線量を測定す…

続きを読むread more

校庭土壌の「トリミング」

福島の学校の映像をみていたら・・・。 放射性物質で汚染された校庭の土壌除去作業の様子が、例の生肉トリミングを連想させることに気づきました。 0-111の急激な毒性と被ばくによる健康被害とは、発生機序も影響も、まったく異なるのですが、対策はなんか、似てる・・・。 食中毒は、加熱で防げますが、被ばくはそうはいきません。

続きを読むread more

学校 1ミリシーベルト以下目指す

NHKオンラインニュースより。 5月27日 12時25分 高木文部科学大臣は記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、福島県内の学校で子どもたちが受ける放射線量を、今年度は、当面、年間1ミリシーベルト以下を目指すとし、一定の放射線量を超えた学校は、校庭の表面の土を取り除く費用のほぼ全額を国が負担することを発表…

続きを読むread more

朝霞市も

埼玉新聞記事。 全小中学校、公園で放射線量測定へ 朝霞市  朝霞市は24日、市役所敷地内で25日から毎日、放射線量の簡易測定を始めると発表した。市内の全小中学校15校と全市立保育園21園については26日、公園120カ所については30日以降に1日限り実施する。市ホームページで数値を公表する。  大気中の放射線量の測定は、県が…

続きを読むread more

松戸市が独自に放射線量測定

NHKニュースより。 東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、千葉県松戸市は市民の要望に応えて23日から市内の公園などで独自に放射線量の測定を始めました。 この測定は、「住んでいる地域の放射線量を知りたい」という要望が、市民から多く寄せられていることを受けて、松戸市が独自に始めました。 23日は、市が所有している3台の携帯型…

続きを読むread more

お気をつけて

広野の皆さんとのお別れ会に出席しました。 広野に戻るのではなく、いわきに移動されるのです。 さらなる避難生活が続きます。見送る方もつらくてなりません。

続きを読むread more

「危険性がありうる」と「可能性はゼロでない」

原発問題で国会審議。 海水注入による再臨界の危険の懸念から、注水が55分停止した問題が朝からやりとりされています。 きょうは、犯人さがしで終わるんでしょうか。 事故の真相解明は重要ですが、現時点で、被災地のみなさんが待っているのは、現在直面している困難への最善最速の対応ではないでしょうか。 三郷では、きょう、広野のみ…

続きを読むread more