利根川水系の原因物質が判明

↓NHKオンラインニュースより。



5月24日 20時5分
利根川水系の水道水から国の基準を超える化学物質のホルムアルデヒドが検出された問題で、厚生労働省が原因物質を調べたところ、ホルムアルデヒドは河川の原水からは検出されておらず、何らかの原因で川に排出された「ヘキサメチレンテトラミン」と呼ばれる化学物質が浄水場の塩素と反応してホルムアルデヒドが生成されたことが分かりました。



"利根川水系の原因物質が判明" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント