なぜ食材が余るのか

「コロナ自粛」で、外食産業などは大打撃。
余った食材の活用が、課題になっています。
しかし、よく考えてみると…。
単純に、🍴「外食」→「自炊」やテイクアウトに置き換わるだけなら、トータルで国民の摂取カロリーは不変であり、消費される食材の総量は変わらないはずですよね。
つまり、今までは、外食で食べきれない量が、毎日、大量に廃棄されていたということでしょうか。
思い当たるのは、同窓会🎀のパーティー。
高い会費を払ったのに、ご馳走を目の前にしながら、お澄まししてほとんど食べられなかった。学生時代のように、がつがつと立食するのはためらわれて…。折詰にしたかった。
銀座とか赤坂とか、きっと、コロナ前は、「接待」などで、食べきれないほど、高級食材が並んでいたのでしょうね。和牛、海鮮…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント