幸手市が学校給食費の一部無料化へ

各自治体の新年度予算編成では、子育て支援策の強化がポイントです。

少子化対策として幸手市は、2人目以降の給食費の無料制度を導入するようです。

↓NHKオンラインニュースより。
人口減対策で給食費一部無料化

人口の減少が進んでいる埼玉県幸手市は、子育て支援を充実させて出産や若い世代の転入を促そうと、平成25年度から小中学校の給食費の一部を無料化する方針を固めました。
埼玉県東部の幸手市は、1月1日現在の人口がおよそ5万4000人とピーク時の平成7年から4000人も減っていて、特に若い世代の減少が著しくなっています。このため市では少子化対策の一環として、平成25年度から市内の小中学校に子どもを通わせている家庭に対し、2人目の子どもの給食費を半額、3人目以降を無料にする方針を固めました。
幸手市は中学生までの子どもの医療費を無料化するなど子育て支援に力を入れていて、給食費の一部無料化で2人目以降の子どもの出産につなげてもらうとともに、若い世代の転入を促したいとしています。
少子化対策として給食費を無料化する自治体は全国的に増えていて、幸手市は来年度の当初予算案に無料化にかかる費用として2200万円あまりを盛り込み、来月から始まる市議会に提案することにしています。
渡辺邦夫市長は「多くの地方自治体が少子高齢化対策に力を入れている。ただ、自治体どうしで子どもの取り合いになるのは良くないので、本当は国や県に主導してほしい」と話しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

鯉太郎
2013年01月27日 15:56
幸手市は凄いですよ!市庁舎・駅舎の建て替えもするそうです。駅舎は東武鉄道の負担はありません。財政豊かなんですかね?Oさんは充電中。議会にいないのは残念です。

この記事へのトラックバック