道路点検や管理の技術基準 見直しへ

わたしも、12月議会でこの問題を指摘し、橋りょうの架け替えを求めました。

↓NHKオンラインニュースより。

中央自動車道の笹子トンネルの事故で、道路施設の点検の問題点が指摘されたことから、国は今月、専門家による委員会を新たに設け、点検や維持管理に関する技術的な基準の見直しを進めていくことになりました。

先月、天井板の崩落事故が起きた中央自動車道の笹子トンネルでは、事故の2か月余り前に定期点検が行われていましたが、事故後の緊急点検で1200か所を超える不具合が見つかり、点検の基準や実施方法などに問題があったのではないかと指摘されています。
このため国土交通省は、トンネルや橋、それに設備など、道路施設の点検や維持管理に関する技術的な基準を見直していく方針を固めました。
国土交通省はまず、今月新たに設ける専門家の委員会で、現在、国や高速道路会社、自治体などがどのような基準を運用して維持管理などに当たっているのか実態を調べます。
そのうえで、高速道路など通行量が多くて老朽化が進みやすい施設では基準の強化を検討するほか、現在点検マニュアルがあまり整備されていない、市町村などが管理する道路をどう維持管理していくのか検討することにしています。
委員会は今月28日に初会合が開かれる予定で、国土交通省は、笹子トンネルの事故原因の調査結果も踏まえ、基準の見直しに向けた方針をまとめることにしています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック