退職金減で県職員駆け込み退職

学校現場は大丈夫でしょうか。

↓NHKオンラインニュースより。
国の法律にあわせて埼玉県が来月1日から段階的に県職員の退職金を引き下げる条例を定めたところ110人の教職員が条例施行前の今月いっぱいで早期退職をすることがわかり埼玉県は3学期の残りの学校の授業などに影響が出ないよう対応を急いでいます。
民間企業との格差を是正するため国は去年11月国家公務員の退職金の支給水準を引き下げる法律を成立させ、今月から段階的に退職金の引き下げが始まっています。埼玉県もこの法律にあわせて先月、県の条例を改正し、来月1日から県職員の退職金を段階的に引き下げることが決まりました。
埼玉県によりますとこの条例の成立後、今年度末に退職する予定の職員の中から2か月早めて今月いっぱいで退職したいという申し出が全体の10%にあたる140人からありこのうち110人は県立高校やさいたま市の公立の小中学校に務める教職員だということです。
埼玉県によりますと早期退職をする教職員らは条例の成立で平均で150万円、退職金が減額される見通しだったということです。
教職員の中には学級担任を務めている教員もいるということで埼玉県などは3学期の残りの学校の授業などに影響が出ないよう教員の確保など対応を急いでいます。
埼玉県は「多くの教職員が早期退職するのは残念だ。子どもたちや保護者に説明した上で教育現場に混乱が起きないようにしたい」と話しています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック