跳躍

陸上大会の来賓席に、本物のアマガエル君が登場。

入場行進に触発されたのか、足元の芝からぴょーんと跳ねて、教育委員さんと議員席の間からわたしの手を経由してまた芝に消えていきました。
まぁ。かわいかったこと。つかまえて1年生に見せたら喜んだでしょうね。

お天気はなんとかなりそうです。
生活相談も、なんとか展望が見えてきました。

一進一退が続いていた三郷の人口が、過去最高を1人上回ったそうです。
18万都市をめざしていた時代もあったようですが、いまだに13万4000人にも達していません。こちらは、跳躍とはいかないか・・・。

一方、柏では・・・。

↓NHKオンラインニュースより。
柏市 放射線量の意識調査公表

原子力発電所の事故のあと、周辺地域より比較的高い濃度の放射線量が計測された柏市が、首都圏の住民を対象に意識調査を行った結果、およそ3分の1の人が柏市は周辺より放射線量が高い地域と認識していて、およそ70%の人がこうした地域では子育てや生活をすることはためらうと考えていることがわかりました。
千葉県柏市は、原発事故のあと周辺よりも比較的高い濃度の放射線量が計測され、市内全域が国の支援を受けて除染を行う「汚染状況重点調査地域」に指定され、いまも除染作業が続けられています。これまでに幼稚園や学校など、子どもが集まる施設の除染はほぼ終了しましたが、市によりますと人口の減少傾向が続いているということです。
こうした中、市は先月、民間の調査会社に依頼し、東京、埼玉、神奈川に住む20代から40代の既婚の男女2000人を対象に、意識調査を行いました。
その結果、首都圏の36の市と区の中で周辺より放射線量が高いと思う地域として33%の人が柏市と答え、もっとも多くなっていました。
さらにこうした地域の印象について聞いたところ、「小さな子どもを育てるのにふさわしくない」が「かなりそう思う」と「どちらかといえばそう思う」をあわせておよそ73%、「住むにはためらってしまう」がおよそ70%と、およそ70%の人がこうした地域で子育てや生活をすることはためらうと考えていることがわかりました。
一方、放射能に関する情報の送り手の信頼度を尋ねたところ、「政府の発信」を「まったく信頼していない」、「どちらかと言えば信頼していない」と回答した人があわせておよそ50%ありました。こうした結果から柏市は、放射能の健康への影響について国の情報が必ずしも信頼されていない側面があるとして、子どもが集まる施設などは1時間あたりの放射線量が0.23マイクロシーベルトを下回る場所についても、国が費用を負担して除染を行うなどして信頼の回復に努めるよう要望していくことになりました。
柏市の秋山浩保市長は「子どもが集まる場所の除染はほぼ終わったにもかかわらず、非常に厳しい見方が続いていると痛感した。このままでは市の対策が進んでも不安が残るため、国にさらなる支援を求めたい」と話しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック