“冷却ベルト”で景品表示法違反

きっと、ぼろもうけだったんでしょうね。今年も暑かったし。


↓NHKオンラインニュースより。

熱中症の対策などに使う保冷剤を凍らせて首に巻きつけるいわゆる「冷却ベルト」のうち、3つの会社が販売した商品が、効果の持続時間が表示より短く景品表示法に違反するとして、消費者庁は、再発防止策などをとるよう命じました。

命令の対象となった商品は、▽桐灰化学の「熱中対策首もと氷ベルト」、▽ケンユーの「ネックール4」、▽白元の「アイスノン氷結ベルト」です。
消費者庁によりますと、これらの商品は去年3月から販売が始まり、商品のパッケージに「2時間冷たさが長持ちします」、「2時間30分、冷感を持続します」、「室温35度で20度以下の状態を1時間半持続します」などと表示していました。
しかし、消費者庁が大学に依頼して調べたところ、3つの商品の冷たさが持続した時間は、表示された時間の半分から80%程度だったということです。
3つの商品は、消費者などからの指摘を受けて、ことし4月までに表示が変更されていますが、それ以前に、全国で合わせておよそ60万個が販売され、現在も在庫が残っている可能性があるということです。
このため、消費者庁は景品表示法に違反するとして、3社に対し、表示が不当だったことを消費者に周知するとともに、再発防止策をとるよう命じました。
命令に対して、3社はいずれも「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と話しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック