ひどい話

鉛で遮蔽するなんて・・・。


↓NHKオンラインニュースより。
被ばく線量偽装疑い 立ち入り調査
7月21日 12時48分
東京電力・福島第一原子力発電所の事故の収束作業で、工事を請け負った会社の役員が、作業員に対して線量計に放射線を通しにくい鉛のカバーをして被ばく線量を少なく装うよう指示していたことが分かりました。
厚生労働省は、21日朝から作業員の被ばく線量のデータを保管している原発の敷地内にある事務所に立ち入り調査を行っています。

被ばく線量を少なく装うよう指示していたのは、福島県浪江町の設備メンテナンス会社「ビルドアップ」の役員です。
ビルドアップは、東京電力が発注した福島第一原子力発電所の放射線が高い現場で、配管が凍結しないための工事を請け負っていましたが、会社の社長によりますと、去年12月、役員が作業員に対して、それぞれが身につける線量計に放射線を通しにくい鉛のカバーをして被ばく線量を少なく装うよう指示したということです。
役員は社長に対して「工事の始まる前に現場に下見に行った際、放射線量が急速に上がっていることを示す線量計のアラーム音に驚き、被ばく線量を少なく見せかけようとした。9人の作業員が一度鉛のカバーを使った」と説明したということです。
このため厚生労働省は、作業員の安全確保のため線量計を正しく使うよう定めた労働安全衛生法に違反する疑いもあるとして、21日朝からビルドアップに工事を発注した企業の原発の敷地内にある事務所に立ち入り調査を行い、作業員ごとの線量計のデータを確認するなどして当時の状況を詳しく調べています。
立ち入り調査について「ビルドアップ」の和田孝社長は「調査を受けていることについて事の重大性を深く受け止めています。現在、社内でも調査を行っていて事実関係を明らかにしたい」と話しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック