処理業者が事情知らずに川に排出か

<速報>6月議会は、なんと、補正予算がありません。


↓NHKオンラインニュースより。
5月25日 12時12分
利根川水系の浄水場の水道水から国の基準を超える化学物質のホルムアルデヒドが検出された問題で、埼玉県は、原因とみられる化学物質について、埼玉県の化学メーカーから処理を委託された群馬県の廃棄物処理業者が、事情を知らずに川に排出した疑いがあると発表しました。

利根川水系の浄水場の水道水から国の基準を超えるホルムアルデヒドが検出され、一時、断水や取水停止の影響が広がった問題では、ヘキサメチレンテトラミンという化学物質が川に流れ出し、浄水場の塩素と反応してホルムアルデヒドができたとみられています。
この問題で埼玉県は、25日、埼玉県本庄市の化学メーカー「DOWAハイテック」が、今月10日からヘキサメチレンテトラミンを含むおよそ60トンの廃液の処理を群馬県高崎市の産業廃棄物処理業者に委託し、この業者が事情を知らずに利根川の支流の烏川に流した疑いがあると発表しました。
埼玉県の調べに対し、高崎市の処理業者は「必要な処理方法の説明がなく川に流した」と説明しているということです。
廃棄物処理法では、事業者がほかの業者に処理を委託する際に廃棄物の性質や注意事項を伝えるよう義務づけていて、埼玉県は、高崎市と協力して「DOWAハイテック」を改めて立ち入り調査し、処理業者にも書類の提出を求めて詳しいいきさつを調べることにしています。
これについて「DOWAハイテック」は、「処理を委託した業者には廃液の成分を分析した結果を伝えていて、対応は十分と考えていた」と話しています。

追加
化学物質の排出規制“対応検討”
5月25日 15時18分
利根川水系の水道水から国の基準を超える化学物質のホルムアルデヒドが検出された問題で、原因となった化学物質が現在、排出規制の対象になっていないことなどを受けて、細野環境大臣は、問題の再発防止に向け制度面での対応の検討を急ぐ考えを示しました。

この問題は、利根川水系の浄水場の水道水から国の基準を超えるホルムアルデヒドが検出され、断水や取水制限の影響が広がったものです。
厚生労働省と環境省は、事業所から排出されたヘキサメチレンテトラミンという化学物質が、浄水場で塩素と反応し、ホルムアルデヒドが発生したとみて排出源の特定を進めていますが、一方で、ヘキサメチレンテトラミン自体は比較的毒性が低いことなどから現時点では排出規制の対象にはなっていません。
この問題について、細野環境大臣は25日の閣議後の会見で「影響が大きく、非常に重要な問題と考えている」と述べました。
そのうえで、細野大臣は「同様の事案の再発防止に向け、制度面の手当にどういった手法があるのか速やかに検討している」として、制度面の対応について検討を急ぐ考えを示しました。
この問題を巡っては、埼玉県などが国に規制の見直しなどの対応を求める意向を示しています

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック