柏市 職員を除染アドバイザー

とにかく、除染と内部被ばく検査が決め手ですよ。


↓NHKオンラインニュースより。
放射性物質を取り除く除染を、迅速に行うため、柏市は、若手職員を住民と一緒に作業を進める「除染アドバイザー」に任命し、初めての研修が行われました。
柏市は、年間の被ばく線量が1ミリシーベルト以上の地域があることから、国の「汚染状況重点調査地域」に指定されています。
市では、除染を迅速に行うため、住民と一緒に作業を進める計画で、若手職員20人を、作業の指導にあたる「除染アドバイザー」に任命し、23日、初めての研修が行われ、およそ250人が参加しました。
この中で、講師に招かれた放射線管理の専門家は、放射性物質は、風や雨水などで移動するため、高い場所から低い場所へと作業を進める必要があることや、側溝にたまった泥は、水で流すと拡散してしまうため、確実に取り除く必要があることなどを説明し、「住民と手順を確認したうえで、計画的に作業を進める必要がある」と、話していました。
アドバイザーに任命された24歳の男性職員は、「まだ十分な知識がないので不安ですが、市の代表として一生懸命取り組みたい」と話していました。
職員たちは、今後、実地研修なども行い、早ければことし4月から活動を始めるということです。

02月24日 09時39分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック