太陽光発電等 三郷市住宅用省エネ設備導入促進事業補助金の活用を

市HPのコピーを、掲載しておきます。・・・自然エネルギーの活用で原発ゼロの日本をつくりましょう!希望が予算を上回ったそうで、補正予算で増額されまし.た。わたしは、使いやすい制度に改善するよう指摘しています。



【制度概要】
市では、地球温暖化問題の対策として、市内の個人住宅(新築・既存)の所有者が2つ以上の省エネ設備を導入した場合、補助金を交付いたします。



【補助対象設備】※詳細は補助要綱及び別表を確認のこと
①太陽光発電システム(JET認定相当で公称最大出力10kw未満)
②家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(通称「エネファーム」)
③潜熱回収型給湯器(通称「エコジョーズ」「エコフィール」)
④CO₂冷媒ヒートポンプ給湯器(通称「エコキュート」)
⑤ガスエンジン給湯器(通称「エコウィル」)
⑥LED照明器具(5万円以上の設置工事を伴うもの)


>>>三郷市住宅用省エネ設備導入促進事業補助金交付要綱<<<
>>>三郷市住宅用省エネ設備導入促進事業補助金交付要綱(別表)<<<
【補助金額】
補助上限12万円
①について既存住宅1kwあたり2万5千円/新築住宅1kwあたり1万円
 ※既存住宅 上限8万円/新築住宅 上限3万円
②について4万円
③~⑥について1万円

【補助対象】
市内に自ら居住し所有する既存・新築住宅



【申請期間】
平成23年6月27日から平成24年3月16日(設置工事完了のこと)まで
 ※予算枠(635万円)に達した時点で受付終了

【申請方法】
市所定の申請用紙に記載し資料添付の上、窓口に提出してください。
 注1 申請は1人1件とします。
 注2 すでに設置済みの省エネ設備は補助対象外です。
 注3 代理申請の場合、必ず委任状を持参ください。
 注4 代理申請の際、複数の申請を同時に受付いたしません
 注5 申請時に書類が揃っていない場合、受付いたしません。
 注6 設置工事は交付決定後に開始してください。
 注7 兼用住宅の場合、居住が総床面積の1/2以上であること。

【申請に必要な書類】
三郷市住宅用省エネ設備導入促進事業補助金交付申請書(様式第1号)
※郵送での申請受付はいたしません。

○添付書類
(1)補助対象設備の設置場所を示す案内図及び着工前の現状写真
  ※設置場所を図示した敷地・建物の図面等(自由書式)
(2) 補助対象設備の規格等がわかるカタログ
(3) 補助対象設備の設計図及び費用の内訳がわかる見積書の写し
(4) 市税を滞納していないことが証明できる書類
  ※市税滞納状況調査同意書(様式第2号)の提出で省略可能
(5) 住民票の写し
  ※発行より3カ月以内のもの
  ※申請時に三郷市外に居住の場合、現住所の住民票を提出
    住民票移動後、改めて三郷市の住民票を提出
(6) 建物に係る登記事項証明書(登記簿謄本)又は、建築に係る建築確認済
  証若しくは完了検査済証等書類
  ※既存住宅の場合、必ず建物に係る登記事項証明書(登記簿謄本)を提出
  ※登記事項照明書については、発行から3カ月以内のもの
(7) 共有名義の場合、共有者の同意書 ※市参考書式あり
(8) 代理申請の場合、委任状 ※市参考書式あり

【必ずお読みください】
 注1 交付決定前に、工事を開始している省エネ設備への補助はいたしません。
 注2 中古の省エネ設備への補助はいたしません。
 注3 交付決定後の変更や確定後の中止・廃止には、市長の承諾が必要とな
    ります。無断の変更等の場合、補助金の取消・返還をしていただきます。
 注4 補助を受けた省エネ設備は5年間、市長の承諾なく処分することはでき
    ません。無断で処分した場合、補助金を返還していただきます。
 注5 省エネ設備を導入された場合、市よりアンケート調査等、ご協力いただ
    きます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック