企業の論理と科学の目

TBS「報道特集」。

「茶のしずく」の加水分解小麦アレルギー問題への企業の対応と、福島原発問題。
どちらも、今、日本で起きていることの原因がどこにあるかを浮き彫りにする秀逸なレポートでした。

厚労省の通知後も、速やかな製品回収に踏み切らなかった企業の論理が、被害を拡大した事実。

福一原発では、炉心設計技術者として働いていた男性が、20年前に、自家発電機が海水につかる事故を経験し、津波の危険を指摘していましたが、企業は、そのまま放置し、炉心溶融を招きました。

繰り返される愚行に対し、わたしたちは、科学の目で告発し、再発を防がなければなりません。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック