小学校敷地内で3.99マイクロシーベルト 足立

東京新聞ウェブニュースより。・・・すでに除染を終えたようです。



2011年10月18日 朝刊
高放射線量が検出されたプール脇=17日夜、東京都足立区の東渕江小学校で

 東京都足立区は十七日、区立東渕江小学校(同区東和)の敷地で毎時三・九九マイクロシーベルト(〇・〇〇三九九ミリシーベルト)の放射線量を検出したと発表した。区は周囲を立ち入り禁止にし、近く土壌を入れ替える。


 区によると、測定場所は校庭隅のプールに隣接した機械室の雨どい下、地上五センチの地点。単純計算すると年間約三五ミリシーベルト。ただ、地上一メートルでは毎時〇・二四マイクロシーベルト(〇・〇〇〇二四ミリシーベルト)、地上五十センチでは同〇・四一マイクロシーベルト(〇・〇〇〇四一ミリシーベルト)に下がった。区内の通常時の空間線量は同〇・〇五マイクロシーベルト程度。


 雨どいの管は直径約十センチで、雨水が地面に流れ込むようになっている。機械室から最も近い敷地境界までは三メートルほどで、区は人が近寄らないよう、コーン標識を置いた。


 区の担当者は「雨水が集中して落ちてくる場所なので、高い数値が出たと思われる。通常は児童が出入りする場所ではなく、健康に影響はないと考えている」と話している。


 区民から同日、「自分が測った場所で高線量が出ている」と情報提供があり、区が同校と公園二カ所、地域学習センター二カ所を測定。同校が最も高く、ほかは地上五センチで毎時〇・九五~〇・四三マイクロシーベルトだった。


 区は七月、すべての小中学校と保育園、幼稚園、公園の砂場の放射線量を測定。最も高かった小学校で毎時〇・六九九マイクロシーベルトだった。区危機管理室は「定点だけではなく、局所的に線量が高い場所の調査や対処方法を早急に考えたい」としている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック