世田谷 再測定でさらに高い値

NHKオンラインニュースより。・・・ますます深刻になってきました。




東京・世田谷区の区道の一部から高い放射線量が検出されたことを受けて、世田谷区が13日、専門の業者に委託して改めて現場の線量の測定を行った結果、区道に隣接する住宅の塀の近くで1時間あたり最大で3.35マイクロシーベルトというこれまでより高い値が出ました。
区は早急に原因を特定し、対応を検討することにしています。
高い放射線量が検出されたのは世田谷区弦巻の区道の一部で、区が今月6日に測定したところ、1時間あたり最大で2.707マイクロシーベルトと高い値が出ました。これを受けて区は13日、原因を特定するため、専門の業者に依頼して改めて現場付近の線量を測定しました。
担当者は区が立ち入りを規制している幅1メートル、長さ10メートルほどの囲いの中を移動しながら、周りに比べて特に放射線量が高い場所を探しました。
13日の測定では区道に隣接する住宅の塀に近い、地表から高さ1メートルの場所で、これまでで最も高い1時間当たり3.35マイクロシーベルトが検出されました。しかし塀から1メートルほど離れると数値は1.73マイクロシーベルトとほぼ半分に下がりました。また、歩道沿いに4メートルほど離れると0.7マイクロシーベルトと大幅に下がるなど、線量の高い場所は局所的だということです。区は念のために住宅の住民の協力を得て敷地内の測定を行うほか、現場に生えている木の葉を持ち帰って分析するなどして、早急に原因を特定し、対応を検討することにしています。
世田谷区環境総合対策室の斉藤洋子室長は「専門業者の調査で線量の高い場所がだいたい分かったので、原因究明や対策に結びつけていきたい」と話していました。 10月13日 11時59分


高放射線量で登校児童をう回

東京・世田谷区の区道の一部から高い放射線量が検出されたことを受けて、世田谷区は13日から通学路になっている現場に近づかないよう、登校する子どもたちをう回させる措置をとっています。
高い放射線量が検出されたのは世田谷区弦巻の区道の一部で、近くの小学校の通学路になっています。13日朝の登校時間帯には、区の職員や教員などおよそ10人が付近の交差点に立ち、子どもたちをう回させる措置をとりました。
この区道の歩道部分からは今月6日に1時間あたり最大で2.707マイクロシーベルトの放射線量が検出され、区は長さおよそ10メートル、幅1メートルの範囲をコーンで囲って立ち入らないよう呼びかけていますが、子どもへの影響を心配する声が寄せられていることから、通学路を変更する措置をとったということです。
中には、小学生の子どもに付き添って登校する保護者の姿も見られました。
小学1年生の娘をもつ母親は「子どもが心配なので、きょうは一緒に登校します。福島第一原発の事故から半年以上、知らずに前を通っていたと思うと体に影響がないか怖いです」と話していました。世田谷区学校健康推進課の秋元勝一課長は「保護者の方から心配の声が寄せられているので、原因が特定されきちんと除染できるまでは、通学路を変更して対応していきたい」と話していました。

10月13日 11時59分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック