給食のコメ放射性物質検査へ   群馬県

NHKオンラインニュースより。・・・やっぱり必要ですよね。


群馬県では学校給食で出される主食のコメなどについて、原発事故の後に収穫されたものが入荷するのにあわせて放射性物質の検査が行われることになりました。
群馬県の小中学校では現在、原発事故の前に収穫されたコメなどが給食に出されていますが、今後は事故後のものが使われることから、安全性について保護者から不安の声が出ています。
このため、小中学校の給食に主食の穀類を供給している「群馬県学校給食会」は、コメとパンなどの原料の小麦を対象に放射性物質の検査を行うことにしました。
検査は今後、原発事故の後に収穫されたものが入荷するのにあわせて、民間の検査機関に委託して月に1、2回行う予定で、検査結果はホームページで公表するほか、市町村の教育委員会にも通知する方針です。
群馬県の学校給食をめぐっては現在、前橋市や太田市など4つの市で、主食を除く野菜などについて放射性物質の検査が行われています。
群馬県学校給食会の石川裕士理事長は「検査を通じて子どもたちと保護者のため食品の安全と安心を確保していきたい」と話しています。


10月08日 06時13分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック