地球を汚したのは誰?

でんこちゃんもビックリの現実ですね。

画像


多くの国民はいま、原発事故のなかに、他の事故にはみられない「異質のおそろしさ」をまのあたりにしています。すなわち、ひとたび重大事故が発生し、放射性物質が外部に放出されたら、それを完全に抑える手段は存在せず、被害は空間的にどこまでも広がる危険があり、時間的にも将来にわたって危害をおよぼす危険があり、地域社会の存続すらも危うくします。このような事故は、他の事故にはみられない、原発事故だけに特有の「異質の危険」だと考えますが、総理の認識をうかがいたい。(9月15日衆議院本会議 志位委員長の代表質問)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

でんこちゃん
2011年09月27日 19:02
今は放射能汚染に追われていますが費用負担の大きい従来の
送電系のメンテナンスがおろそかになっています。
半年、1年後には耐久性の問題で交換時期の来ているもの、
特に高圧送電系が問題となりそうなのですが。
そしてそのしわ寄せは末端の利用者に。
でんこ心配です。

この記事へのトラックバック