埼玉県知事が暴言

歴史教科書問題で、共産党県議団が知事に発言撤回を求めています。

上田知事は、16日の記者会見で「間違っても伊藤博文『射殺』なんて書いてある教科書を選んではいけない」「誇りを失い、自信をなくすようなことばっかりじゃない教科書もいくつかでてきた」などと述べました。

この問題について、共産党県議団が談話を発表しました。
「事実上、先の侵略戦争を美化する自由社・育鵬社の教科書の採択を求める発言であり、教育への重大な介入だ」と指摘。

教科書採択は、憲法と教育基本法の全体の理念に従い、公正公平に行うべきだとして、発言の撤回と教育への介入発言を二度としないよう求めています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック