いのちを守り、コミュニティを維持する

地震直後の救助期から、避難の長期化を視野に入れる時期に移行しつつあります。

先日、日本共産党三郷市議団は、広野町のみなさんの避難の長期化への対応や、水道水の放射性物質汚染問題、野菜の風評被害、計画停電時の対応などについて、市長に申し入れを行いました。

写真は、新潟県旧山古志村グッズ。
画像


三郷市内では、瓦屋根の修復が。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック