「65歳以上 国保加入」案

高齢者医療制度の見直し案が発表されました。

65歳以上の医療費の17%を高齢者の保険料でまかなうというもので、現役世代と別建ての国保であり、保険料の値上げは避けられません。

国保を都道府県単位の広域連合で運営することが前提とされています。

拙速な新制度移行を論ずるよりも、後期高齢者医療制度の廃止を急ぐべきではないでしょうか。

きょうと明日は、常任委員会。
今朝の鎌倉バス停宣伝は休みます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック