厚労省通知に批判広がる

今朝の毎日1面トップ「生活保護患者は安価薬」
先日のわたしのブログに、アクセスが殺到していたので、この問題に関心が高まっていることを実感していました。

毎日の記事
通知は4月1日付。
福祉事務所が・・・後発薬を使うよう周知徹底するとしている。
さらに、先発薬を使い続けている受給者の診療報酬明細書をチェックし、正当な理由がない場合は口頭や文書で指導する。それでも従わない場合は保護の一時停止や廃止を検討する、としている。

つまり、後発薬の使用を強制するんですね。これは、選択権を奪うことになりますよ。裁判になったら勝算があるのでしょうか。

厚労省保護課は「受給者は窓口負担がないために後発品を選ぶ動機が働きにくいので、強制力をもたせる」と説明しているらしい。

通院費の問題もそうですが、受給者や医療現場の状況を十分に把握しないまま、厚労省が暴走しています。
社会保障費削減路線にストップをかける運動の輪を広げましょう。

きょうは、鷹野地域の会議。健和友の会文化祭り。夕方は、スーパー前宣伝2ヶ所の予定。

後記:本日のNHKニュースでも、厚労省通知問題が報道されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック