45歳

45歳という年齢とも、あと1ヶ月でお別れだ。
成人式から25年。年金支給年齢まで20年。人生の後半にさしかかったことは間違いない。
なんだかんだいっても面白い年齢だったと思う。

20代で子を授かっていれば、もう義務教育を終え、成人式も近いころだろう。
早い人は、そろそろお孫さんを授かっているかも。
もうそれだけで、十分、ひと仕事成し遂げたという充実感を実感でき、あとは「自分へのご褒美」として、面白おかしく生き抜けるに違いない。

ところが、わたしの場合は、思いもよらぬ波乱万丈の人生を歩むことになった。
人生は本当に、何が起こるかわからない。

朝、宣伝に立つたびに、こころの片隅でそんなことを考える。
一般の人が得がたい経験をさせていただいていると、つくづく思う。
自分がそれに値する人間に、ちゃんと成長できているのかどうか不安に思うが、誰もこたえを教えてくれない。
ともすれば、甘やかされることを当たり前としてしまいがちな、流されていることを自覚しそこねてしまいかねない、特別な立場である。

それだけに、常に自分に厳しく、日々を振り返るこころを忘れてはならないと強く思う。

人生の後半は、「勢い」だけでごまかすような生き方でなく、うなづいてもらえる生き方をしたいものだ。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック